2016年08月25日

Win10に追加された新機能「画面スケッチ」が便利すぎ

8月2日から Windows 10 Anniversary Upgrade が開始されていますが、皆さんはアップグレードされたでしょうか?今後、本ブログでは Anniversary Upgrade で Windows10 がより便利になった部分を少しづつ紹介していきたいと思います。


今回は、新たに追加された新機能「Windows Ink ワークスペース の画面スケッチ機能」を紹介します。

1 画面スケッチとはどのような機能?

今回のWindows 10 Anniversary Upgrade で新たに追加された新機能「画面スケッチ」は、現在表示されている画面をキャプチャ(スクリーンショット)して、そのキャプチャに対して、直接手書きを挿入することができる機能です。

使い方によっては非常に便利な機能です。では次項からその画面スケッチの簡単な使い方と使用例を紹介していきます。

2 画像スケッチの使い方

まずは、Windows 10 Anniversary Upgrade より新たに追加されたタスクバーアイコン「ペンのアイコン」を選択します。「Windows Ink」メニューがせり上がってくるので、その中の「画面スケッチ」を選びます。

すると、今ディスプレイに表示されている画面がそのままキャプチャされた状態で画面スケッチが開きます。



あとは、右上にあるツールバーから動作を選んで書くだけです。

アイコンは、左から・・・

•ペンツール(ペンの色や太さは設定できます)
•鉛筆ツール(ペンに比べて細身で、薄く実際の鉛筆風です、色・太さ変更OK)
•マーカーツール(透明のカラーマーカーが引けます。色・太さ変更OK)
•消しゴムツール(部分消し、全消しを選べます)
•定規(表示される定規にあわせて線をひっぱると真っ直ぐな線が書ける)
•タッチによる手書き(タブレットや画面タッチがあるPCで役立ちそう)
•戻る&進む(作業をひとつ前に戻したり、進めたりする)
•トリミング(キャプチャ画像を好きなサイズに切り取れます)
•すべてクリア(これを選択すれば全て消えて作業の最初へ戻ります)
•名前をつけて保存(作業したキャプチャ画像をPCへ保存します)
•コピー(保存せずに、別の画像ソフトなどへ直接貼り付けられて便利です)
•共有(直接SNSやクラウドへ送信できます。要Windowsアプリ)
•閉じる(画面スケッチを終了します)

「画面スケッチ」を使うとこんな感じ。

画像スケッチの保存は「PNG」形式の画像で保存されます。
Windows 10に追加された新機能「画面スケッチ」が便利すぎ!(2)  
Posted by office2016 at 15:52Comments(17)TrackBack(0)PC-OS-Windows

2016年08月18日

Windows 10 Anniversary Update

 2016年7月29日の無料アップグレード期限が間近に迫った「Windows 10」。その直後の8月2日には、Windows 10の公開1周年を記念した無料大型アップデート「Anniversary Update(開発コード名:Redstone 1)」が配信される予定だ。2015年11月に配信された「November Update」に続く、Windows 10で2度目の大型アップデートとなる。






 以前のレポートでは、7月9日(米国時間)にWindows Insider ProgramのFast Ringユーザーへ配信されたWindows 10開発プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」の「Build 14385」をAnniversary Updateの「RTM(Release To Manufacturing)」に近づいたビルドとして紹介した。

 RTMとは「Release To Manufacturing」の略称で、製造工程向けリリースや量産出荷版などと呼ばれてきたものだ。RTMへの到達は、MicrosoftがOSソフトウェアをOEMへと提供し、最終製品として出荷できる準備が整ったことを意味する。

 しかし、「Windows as a Service」のコンセプトを掲げて定期的に最新機能をユーザーに提供していくことを目標にしているWindows 10では、Microsoftが意図的にRTMというキーワードの使用を避けており、現在はマイルストーンに達したOSビルドを業界関係者が便宜上RTMと呼んでいるだけだ。

 Build 14385を紹介した際、7月11日週の前半にはAnniversary UpdateのRTMに相当するWindows 10 Insider Previewのビルドが出る可能性を予想していたが、実際にはその後も更新が小刻みに続いており、締切前の追い込みラッシュとも言える状態だ。

 米国時間の7月12日には44個の不具合を修正した「Build 14388」、7月15日にはEdgeブラウザ用のAmazon向け拡張機能「Amazon Assistant」を追加した「Build 14390」、そして7月18日にはスタートメニュー、Cortana、アクションセンターの信頼性を高め、iPodをUSBマスストレージデバイスでマウント可能にした「Build 14393」が、Fast Ringユーザー向けに続々とリリースされた。7月20日にはSlow Ringユーザー向けにもBuild 14393の配信が始まっている。

●Build 14393が実質的なAnniversary UpdateのRTMか

 Windows 10 Insider PreviewはAnniversary Update前にいつまで更新されるのだろうか。連続アップデートはここで一段落つき、「Build 14393がAnniversary UpdateのRTMになるのではないか」という声が出てきている。

 米ZDNetのメアリー・ジョー・フォリー氏が関係者の話として伝えるところによれば、MicrosoftはAnniversary Updateの内部デッドラインとして7月20日での「サインオフ」を目標にしており、このタイミングで提供されているWindows 10 Insider Previewの最新ビルドがそのまま実質的なRTMになる可能性が高いという。

 この原稿を執筆している7月20日現在(日本時間)、Microsoftが社内の開発者向けに提供している内部ビルドはBuild 14393で止まっている。米国時間7月20日時点のビルドはBuild 14393の改良版か、あるいは1つだけ進んでBuild 14394あたりになるだろう。

 実際、Build 14393の時点でほぼバグ修正にその更新内容がとどまっており、これがそのままRTMとなる可能性が高いと筆者も考える。Anniversary Updateの一般公開日まで既に2週間を切っていることもあり、OEMメーカー各社の対応を考えれば、7月20日はギリギリのタイミングだろう。

 当初は7月中の公開とみられ、OSのバージョン名が「1607」(2016年7月の意味と思われる)となっているAnniversary Updateだが、Microsoftが正式に告知した8月2日には一般公開を迎えられそうだ。
  
Posted by office2016 at 15:58Comments(16)TrackBack(0)

2016年08月11日

Excel~名前の定義を使おう(1)

Excelには『名前の定義』という機能があり、セルや範囲、定数などに名前を付けることが出来ます。これによって数式がわかりやすくなり、ワークシート全体のメンテナンス性が格段によくなります。

Excelで数式を入力する場合、この図のように =C3*D3 なんてふうにセルの番地で数式を入れますよね。単純な数式ならば良いのですが、ちょっとややこしくなると間違えてしまう危険性も増えますし、メンテナンス性が悪くなります。

数年前に作ったシートとなると、もうどのセルがどこを参照して、どんな計算式だったのか見るのも大変です。

そこでセルや範囲に名前を付けて数式をわかりやすくして見ましょう。


数式を入れる欄(数式バーって言います)の左端にある四角い箱、これは『名前ボックス』といって、セルや選択範囲に名前を付けるためのものです。これを活用されている方は結構上級者さんですよね。

まずは名前を付けたい範囲を選択したら、おもむろにこの『名前ボックス』にその範囲の名前を入力します。名前は好きに付けてもらってかまいませんが、A1のようなセルの番地と間違えるような名前を付けることはできません。

今回はC3:C6に「単価」と付けました。同様にして、D3:D6に「数量」と付けます。


すると数式は『=単価*数量』となって大変わかりやすくなります。いかがですか?

Excel~名前の定義を使おう(2)  
Posted by office2016 at 16:58Comments(14)TrackBack(0)

2016年08月04日

Windows 10 4300円無効全引き下がる

Windows7/8/8.1 からWindows10 への無償アップグレードキャンペーンが、7月29日に終了した。

8月1日から15日の15日間、当社は大バーゲンキャンペーンを開催いたします。クーポンコードを使用して、全てのWindows商品は1500円を低減します。

(クーポンコードは100個だけです)数量限定のため、無くなり次第终了となります。早い者勝ち!

クーポンコード:rv84XP0a58(windowsspeeduy.com)

謹んでご光臨をお待ち申し上げます。  
Posted by office2016 at 15:39Comments(15)TrackBack(0)